男性から愛される女性になるために

パートナー選びの男女の違い

バッグを買おうとする時に、店に1種類しか品物がなかったら、女性は絶対にそれを買おうとはしません。ほかのも背ならもっと他にいいものがあるに違いない、と考えるからです。

 

これに対して男性の場合は、お店の人に勧められるがまま、その一つしかないバッグを買って満足してしまうことが少なくありません。

 

これは、買い物に関する話だけでなく、つきあう相手を選ぶ時にも同じです。女性は一人の人に愛されるだけでは満足できません。

 

もちろん、最終的には「一人」でいいのです。でも、その一人と決めるまでには自分を愛してくれる何人もの男性が必要なのです。その中かあら選ぶことで、初めて運命の人に出合えたと思うのです。

 

これは女性の本能のなせる業と言えるでしょう。より優秀な遺伝子を残すために、より優秀なオスを選ぶことは、メスとしては大切な使命なのですから。

 

若い男性なら当たり前のことですが、まだお金もない、キャリアもない、そこにコンプレックスがあるのです。

 

男の中には「美人コンプレックス」を抱えている人もいます。女性にとっては不思議に思えるかもしれないのですが、相手は美人だと『セックスできない』という男性がいるのです。

 

いざというときに、ペニスが全く勃起しないのです。これは決して珍しいケースではありません。

 

このケースの場合は心因性EDと考えられます。EDにはED治療薬が効果的です。病院で診察を受けて処方してもらうのが嫌な人は、通販もできます。この場合処方箋は必要ないので気軽に試せるのでトライしてみましょう。
あんしん通販薬局で購入できます。

 

あんしん通販薬局は、個人輸入サイトなので処方箋は必要ありません。処方箋が必要ないということは病院に行かなくても薬を購入できるということです。
肥満の方が使う痩せる薬も購入できるので多くの女性の方も喜んでいるお薬販売サイトです。

 

うまくいかないいい女

 

大評判を巻き起こした海外ドラマ「sex and the city」では、弁護士・ミランダがバーテンのスティーブと付き合いますが、二人は済む世界が違うということで一度分かれてしまいます。

 

この時のセリフで「金持ちの男と貧乏な女画家プルならいくらでもいるのに、逆だとどうしてうまくいかないの?」というのがあります。この答えを追求するとして、男はそれほどに、コンプレックスを期するものなのです。

 

 

男たちはそのことを本能的に知っています。そのため、相手のレベルをそれほど気にすることはありませんし、極端にいえば、「女ならだれでもいい」ということも否定できないのです。

 

ただし、これは「女ならだれでもいいからセックスする」ということではありません。

 

顔が特別綺麗でなければならない、ということもない。
バストがDカップでなければならない、ということもない。
お嬢様大学を出ていなくてもいいし、成績が優秀でなくてもいい。一流企業に勤めていなくてもいいし、資産家の娘でなくてもいい。
この点に関しては、女性が男性を選ぶ場合の方が、ずっと厳しいのではないでしょうか?

 

女性は自分がそうあるために、男性も、「いい女」でなければ選ばないと考えてしまいがちです。それで、「綺麗でなくてはいけない」「痩せてなくてはいけない」ということで、ブランド品を身に着けたりダイエットを繰り返したりして、最高の女のレッテルと自分に張ろうとします。

 

 

でも、実は、飾ろうとすればするほど、男たちからは避けられる、結果、選ばれないいい女になっているということがあるのです。

 

よりいい男を手に入れるために、愛される技術が必要ですが、間違った技術を駆使してもうまくいくはずがないのです。男性・女性どちらも勃起薬通販できます。

 

バイアグラは、男性だけのものではなく女性用バイヤグラも販売されています。

離れられない女性とは

 

セックスがいい女性ほど、セックスだけの関係にはならないものです。男性がその女性から全く離れられないというのは、セックス一つ取り上げてもその女性にほかの女性と全く違う点があるからです。

 

かりにスポーツ的なセックスであれば、それをしてくれる女性はいくらでもいます、反対に女性の立場に置き換えても、セックスだけの関係を求めるなら、相手はいくらでもいることでしょう。

 

でも、それは女性が一方的に損です。割り勘でホテル代を出し、妊娠の危険性を冒して遊んだとすれば、何が残るのでしょうか?

 

嫌な言葉ですが、男性は「やり得」です。確かにその時は快感を得られるかもしれませんが、下手をすると、エイズの危険性だってあるのです。

 

そんなセックスだったら我慢しましょう。そのためにこそ、セックスグッズはあるのです。

 

一人寝の寂しさを慰めるため、といった後ろ向きの考えで使用するのではなく、本当にいい男性が出てくるまではせめて「させるだけの女性」にはならないという気持ちで使うのです。

 

これでスッキリさせておくと「女性から進んでさせる」というテクニックや「拒みつつ、させる」という高度な技術が使えるようになり、男性はあなたの魅力から離れられなくなるのです。

男性のやさしさに応える

 

本命の女性に対しては男性のやさしさは倍増します。これに対して、女性も本命視してくれる男性に対しては優しく答えてやらなければいけません。

 

少々痛くても「大丈夫、痛くない」とか「感じてきそう」と、けなげなところを見せると、男性はあなたをいとおしく思います。

 

この「いとおしい」「いとしい」という意気持ちを起こせば恋愛は成就したと言えるでしょう。

 

この感情は言葉で書けば「かわいい」となってしまうのですが、もっと心の奥底で「かわいいなぁ」と思わせることです。

 

いじらしい、大事にしたい、つらければ代わってやりたい、などの感情も、この「愛おしさ」に含まれますが、これが愛の感情というものなのです。

 

この愛がお互いに芽生えれば、必ず男性も女性も自分だけの快感を求めなくなります。

 

自分の行為によって、相手がより高まっていく様を見ることが喜びになるからです。

 

借りに、セックスをしている様子を録音したとしましょう。

 

不思議なことに単なる遊びの場合には男女とも「いい」「イク」といった自分本位の声がたくさん出てきます。
なかには「イヤ!」「ダメ!」という女性の声が混じるときもあります。

 

ところが本命ともなると「君はどう?」「気持ちいい?」「イってもいい?」という男性の声が多くなるとともに、女性の方は「ステキよ」「イキそう」と男性の声に呼びかける言葉が増えてきます。
さらに互いの名前を呼びあうことも多く、全く録音内容が違うのにびっくりするほどです。

 

 

特に女性は行為の最中のことを覚えていません。それだけに、この違いを知るだけでも男性の愛情の深さ浅さが読み取れることでしょう。

 

念のため言えば、男性のテクニック上手は無視しなければなりません。何度もオーガズムに達したから、彼は私を愛してくれているという考えは間違いです。

 

浮気をするような男性ほど、テクニックがうまいので気を付けるようにしましょう。